2020年5月31日(日) 23:38 JST

千葉大学 平沢研究室のウェブサイトへようこそ

当研究室では建築学の分野を限定しないコンピュータ利用を研究しています。アルゴリズミックデザインデジタルアーカイブテンセグリティロボットAI人工技能が最近のキーワードです。

上のメニューから各コンテンツにアクセスできます。 研究室の概要や入室希望の学生に対する案内は「平沢研究室について」をご覧ください。研究内容については、ある程度まとまった報告を「研究報告・デモ」に、日々の活動を「日々の記事」にブログ形式で綴っています。日々の記事の細分類に関しては右ブロックのカテゴリからもアクセスできます。

人工技能とは人の技能を機械で実現することです。例えば「左官仕上げ用ロボット」のようなものをイメージしてください。

研究室訪問について

  • 印刷用ページ
  • 2020年4月10日(金) 00:00 JST
  • 投稿者:

2020/04/10 更新


コロナ禍に関連する対応について
 緊急事態宣言を考慮し研究室訪問による院受験予定者の事前面談を休止しています。既に問い合わせを頂いておりますが、今年度に関しては事前の面談なしでも受験可にする方向で検討中です。
 また、過去問閲覧や英語試験などに関しての対応は個別にお応えしていますので、院受験を予定されている方はメールで問い合わせ願います。

2020年の願書出願期間は6月23日(火)~6月25日(木)です。

(注)この案内は大学院受験者を対象としています。共同研究などを希望される企業の方の研究室訪問に関しては随時お問い合わせください。また、共同研究に関して次のURLで簡単に説明しています http://www.hlab-arch.jp/article.php/20190403165502454


大学院の出願時期が近づいてきました。研究室訪問のアポイントについては、以下をご確認のうえ、希望される日時の案(複数でお願いします)を電子メールでお知らせください。電子メールアドレスは、こちらのページにあります。出願前の研究室訪問は原則受け入れておりますので、遠慮なく、最初の問い合わせメールから希望日を複数お知らせください。

  • 火曜日 10:30~14:30、16:00~17:00
  • 木曜日 14:30~18:00
注)6月末までの対応可能な時間帯です。

なお、出願に関係しない研究室訪問については、

GDLプログラミングマニュアルを更新

  • 印刷用ページ
  • 2020年5月11日(月) 16:00 JST
  • 投稿者:

Kindle版ですが、およそ5年ぶりにGDLプログラミングマニュアルを更新しました。

ArchiCAD V23での動作確認と操作手順説明の修正をし、また、画面も全て撮り直しました。

ホームページで紹介している中級編を取り入れて、初級編・中級編の2部構成への変更も企画段階ではありましたが、実質的にリフレッシュのみとなりました。

内容・構成はまったく変わりはありません。旧版をお持ちの方は再購入される理由はないです。見た目は新しくなりましたが。アマゾンでのリンクはこちらです。

タイルの自動施工に向けたタイル色分類 -AI(機械学習)メモ vol.2

  • 印刷用ページ
  • 2020年4月15日(水) 15:03 JST
  • 投稿者:

AI(機械学習)メモ vol.2では、Deep Learning版の画像分類をタイル施工におけるタイル色分類に導入した例(タイルパターンの設計と自動施工に関する研究、日本建築学会大会(北陸)、学術講演梗概集、(社)日本建築学会、2019.9)について紹介します。下図のように多関節ロボットでタイル施工をしてみる、という研究で何色かのカラータイルを並べモザイクタイルを作ることを試したのですが、タイルを拾い集める際に、そのタイルの色を分類することにDeep Learningを適用した、という例です。所謂CNN(Convolution Neural Network:畳み込みニューラルネットワーク)です。この画像は犬?猫?の代わりに、赤タイル?青タイル?という分類をしています。



Twitter ・ Facebook

Twitter 平沢研究室アカウント FaceBook 平沢研究室ページ

アクセスカウンタ

7,880,626