2018年11月17日(土) 13:10 JST

2009年度建築学会大会(東北)参加報告

  • 2009年9月 6日(日) 15:41 JST
  • 投稿者:

2009年度建築学会大会(東北)に総勢?人で参加し発表してきました。 プレゼンテーションで用いたビジュアルから、何点か紹介します。発表したタイトルは このページ口頭発表の欄をご覧ください。8本ありました。

img img img img

まずはAR/MRから。

1枚目

これは複合現実感のインテリアに対する応用です。マーカーが写っていないことに気づかれましたか?

2枚目

こちらは動画のキャプチャになりますが、これにもマーカーは写っていません。1枚目とは違う手法でマーカーレスARを実現しています。詳しくは、他のページに任せるとして、とても気になるのはここに写っている建物(実物)のだめさ加減でしょうか。国立大学の教室はボロボロです。ちなみにこれでも一番ましな部屋の一つです。なんとかならないでしょうか。

3枚目

3枚目は、千葉県市川市にある法華経寺五重塔(国重要文化財)の五重部分です。扇垂木になっています。半透明にレンダリングして架構が見通せます。

img

こちらは、同じ五重塔の1/15スケール模型作成中の画像です。私たちの作るデジタルアーカイブは「見た目」だけの復元でなく、「中身もつまって」きちんと作れることを証明しています。デジタルアーカイブは実寸で作られていますが、実寸で再現するには1重あたり1億円必要らしいので1/15で我慢です。複製を千葉大学内に建てたらどうなるかという遊びはここにあります。AR/MRはこんな風にシミュレーションに使えますね。

ここから下はアルゴリズミック・デザインです。

1枚目はL-Systemによるツリーを倒立させたタワーの案。2枚目はfDLAでビル群を生成した例。3枚目はこれまたfDLAですが、日照条件、隣棟距離制限などを組み合わせた集落配置案を歩行者視点で見たパースです。

img
img
img

生成アルゴリズムでは直行グリッドに沿わせないで少し「振る」ことで変化を持たせました。平面図では振れ方は控えめに見えるのですが、歩行者視点からはこのようにそれなりの主張がみられます。

以上、建築学会大会でのプレゼンテーションから抜粋して紹介しました。すべて昨年度中の研究成果です。これから秋冬にかけて今年度の卒論、卒制、修論の成果が出てきます。その成果は今年同様、来年の建築学会大会で報告します。その前にこのHPでも紹介しますのでときどきのぞきに来てください。

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。